愛情とは一方方向であっては育たない

好きと言うと好きと答え、大好きというと大好きと答えれる関係が一番美しいとおもいます。
f0092302_0134569.jpg


それ以外の場合で、「恥ずかしい、ダサい、寒い、キショい、グロい、等々」を感じられる程度なら恋なんてやめたほうがマシですよ。
まっすぐなコトバには説明がいりませんから、たとえ語彙力がなくとも誠心誠意伝えればきっと届くとおもうんです。 
もしも恥ずかしい、ダサい、寒いって感じるそのガキ程度の恋をつづけたなら、その好きな人が寝たきりになったとき、しもの世話を汚いと想う程度の愛情にしかならないはずですからね。

好きを好きといえる勇気、背景も他人もありゃしない、比較対照なんてあるのもおかしい。
それが恋だし、それが一番かっこいいんですから。 たとえ歯がうくせりふしかおもいださなくとも。

本を読んでない私でも、楽譜が読めない私でも、人の心にとどけれるものがあるくらいですから。


いやあ、春ですね~
[PR]
by sej_utsumi | 2006-04-11 00:22 | Dialy
<< 春の嵐 京都 東本願寺近くで >>