転職のタイミングかな

昨日はしんじぃの送別会をしたが、その朝からコントラバスでお世話になった御仁が他界されたことで泣き疲れていたので、昨夜の明るい送別会への気分的スイッチの切り替えが大変だった。

最近は毎日えげつないくらい仕事がやってくる。たとえば、今は次期助成申請とともに、前期助成の報告とともに、団体の年度末会計、助成対象のため保留していた出張清算、建物の委員会、役員会、パスポ-ト委員会、さらに?振興会が決算だから精査した報告がいるとか、国際委員会に早々に申込み書を送るとか、展示会委員会の規約をつくるとか、定款にすり合わせた総会での議決を考慮した資料作成とか、議員連盟発言のためのたたき台の作成とか、なんちゃらパ-ルの入札会と、セミナ-の運営とかが 1週間のうちに通常業務にプラスされて私がひとりでやることになっているそうだ。それにあわせて、県の助成申請がまっている。

今日は土曜日、お休みの日のはずだけど、さきほど経済産業省にメ-ルし、その前に全国商工会連合会に回答したりと、ようやく3時になってタバコを吸おうとしたら持ってくるのわすれててあちゃ- だったとか。滅入る。

真珠業界で働いているんだけど、過去にいた方々がやっていなかった活性化のための諸策を自分なりに考えて政府助成などをお願いし受理つづけて7年目になる。

結果的に数値では約2億円強の助成金が真珠の海外展開において助成され、それぞれの企業は出展料助成という形で金額的な助成が企業にまで浸透していった。7年もずっとがんばってきたのに、所得的にも微々たる増額しかない。それもそのはず収益団体ではなく微赤字団体だからであって、しかたがないといわれる。 

とりあえず後1年がんばってみよう。成功報酬ももらえないこの乞食団体 いつものわたしならさっさと辞めて次のお声がけ下さっている方々のところに飛んでいくのに。 一度惚れた業界、中には会いたくもない人もいるけどすんごい人懐っこい方々がたくさんいる。 別のフィ-ルドからお声がけ下さっている方々のところ・・こんなにクッソ忙しくない。公用車とかついてくるし、ブランディングの成功とか楽しめる。が、そんな方々に申し訳ないが、とりあえずこの業界に私は「そんなばかな」と思いながらもう少し、一度は惚れた真珠業界でがんばってみようと思った。
 
来年の総会で給料が少なくとも100万円くらい上がらないならしかたない。あと1年、計8年間 取り続けた助成恩恵も 私がいなくなると同時に現職につく前くらいにフツ-に戻ることだし、 私が我慢の限界に来て「辞めます」っていうときに「助成なんて不要だ」というくらいの業界に戻れば、いいじゃないかな。 

来年の今頃、このままの待遇を維持しようとしたらそんな冷たい業界とお別れすることを考えよう。

f0092302_1585880.jpg
f0092302_1584254.jpg
f0092302_1582935.jpg

[PR]
by sej_utsumi | 2014-03-22 15:09 | Dialy
<< network 講演会のお知らせ >>